藤子のコラム

派遣切りと内定取り消し

2008年は、不況のまま幕を閉じようとしています。

世間では、「派遣切り」や「内定取り消し」などが相次ぎ、今後も契約を打ち切られる派遣社員や契約社員が増えることでしょう。

そのため、本来は募集してもなかなか人が集まらなかった年末年始の「年賀状バイト」にも人が群がるようになりました。

つまり、時給が安くても働いてくれる人がいるという、悪循環に逆戻りしてしまうのではないかと懸念されます。

派遣の単発バイトは、時給が高いからこそ意味がありました。

しかし、今後働き手が増えるどころか余ってくるわけで、派遣の単発バイトも時給が下がってくるのではないかと思います。

それでも、仕事にありつけないよりはマシなのでしょうか?

路頭に迷う派遣切りされた若者たち…
仕事がなくなるだけでなく、住む場所さえも失ってしまうのです。

一時期は求人広告の紙面を賑わせた工場などの期間契約社員の募集広告も、今ではすっかりその姿を潜めています。

この不況はいったいいつまで続くのでしょうか?
何とかしてこの状況を乗り切りましょう。

決してあきめさえしなければ、道は開けます。

来年こそは良い年でありますように♪

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。