人材派遣 単発バイト 体験談

クレジット面談…うら話

そもそも、なぜクレジット面談の単発バイトの需要があったのか?
というと…

クレジット面談の仕事内容は、金利計算はもちろんのことですが、
一番大事な仕事は、申込者の意思を確認するということです。

ショッピングクレジットなどの契約書は、それだけでは誰が記入したのか
わかりません。もしかしたら本人ではない誰かが、勝手に契約書にサイン
をすることだって可能なのです。

クレジットカードなどを申し込む場合は、本人の確認書類などの提出が
義務づけられていますが、ショッピングクレジットの場合は必要ありません。
(特に、展示会などでは、すでに確認が取れていますから。)

つまり、クレジット面談の確認者がいない契約というのは、
後日、信販会社から申込者に確認の電話が入るのです。

そして、その確認の電話というのは、
原則、自宅か勤務先のどちらかと決まっています。

普通、展示会などでお買い物をするのは、ほとんどが主婦の方です。
そして驚くべきことに、ご主人に内緒で高額な物を購入する方が
以外に多いのです。

自宅に、ご主人や他の家族がいる時に、信販会社から確認の電話が
かかってきたら、内緒にしていたことがバレてしまいます。

そのことを一番心配しているので、後日信販会社から確認の電話が
入らないために、わざわざ展示会にはクレジット面談の確認者が
在籍しているわけです。

ある販売店では、支払い明細書が自宅や勤務先に届かないようにする
ために、加盟店送付という特例が認められている販売店もありました。
(これは、つい最近禁止されたようです。)

あ○くらの倒産以来、いろいろな規制ができているようです。

あ○くらの倒産の時にも、信販会社が販売店とグルになっていた
のではないか?とも言われていましたが…

信販会社はお客様からいただく手数料で成り立っているわけですから、
売り上げにつながると思えば、加盟店のムリを聞くこともあるでしょう。

過去には、クレジット面談で派遣されたにもかかわらず、
受付や、クローク、下足係りやお運びさんなどをやらされたことも
あります。

それは、少しでも売り上げを自社に回してもらいたいという信販会社の
営業担当者と、人より1日でも多く仕事が欲しいと思ったクレジット面談
の派遣スタッフが競いあった結果です。

それが、どんどんエスカレートして行ったのです。

とにかく、今後クレジット面談単発バイトは激減する!
ことは間違いありません。


クレジット面談


人気ブログランキングに参加しています。
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします! 
  ↓ ↓ ↓
banner_03.gif

この記事へのコメント
藤子さん、コメントありがとうございました。
なかなか充実したブログですね。
私も派遣で一時仕事してました。派遣も良し悪しですね。お互いがんばりましょうね。
はちきん
はちきんさん、
訪問&コメントありがとうございます。
はちきんさんも、派遣さんだったんですね!
これからも優良情報を発信していきたいと思います。
よろしくお願いします。
藤子
第2弾となってしまいました。すいません。
私は家電量販店のクレ面担当してます。
リクルートとパソナ両方へ登録して同じ家電量販店
の違う店に出入りしてました。
ちょっとわかりにくいクレジット条件なので
経験者でないと難しいです。呉服、催事のクレ面
とはちょっと違ってハッキリしてます。センターの
審査が通らなければクレジットは組めません。
(ジャストプランと言ってカード同時申込みとなり
ます。カード発行はなくてショッピング切替になることもあります)
私は家電量販店の基本は「接客」と考えています。
お客様から見れば店員さんと同じです。だからお客様が来店されれば「いらっしゃいませ!」と必ず声を出します。質問されれば保証のことや配達の事も
お答えします。(もちろん担当の方に確認して)
自分なりに社員さんのお手伝いもして仲良くさせて
頂いてます。色々教えてもらって自分なりに勉強しています。クレジットを引受けたら後は全部処理して、担当の方には、次のお客様に早くついてもらえるようにしています。そういう努力が店長さんに認めて頂き、ある店舗では御指名をいただけるようになりました。月の4回のうち、3回は入れるようになりました。信販会社や同じ派遣社員から見れば「余計な事をする人間」かもしれないですよねぇ。
でも、家電量販店でのクレ面は呉服、催事とは絶対に違うと思うんですよ。そこへ呉服、催事での考えを持ったまま来てもらうと迷惑なんですよね。
なんだか上から見て物を言う人が多くて。超ベテランに一言で言うと「イケズ」の人が多いですよね。
なんであんなに偉そうに言うベテランが多いんでしょうかね?
先日も外国人の受付を「日本語が通じない」と断ってクレームになった派遣の人がいました。「頭金」という言葉の意味が通じなかったらしいんですけど。商品説明で、ある程度日本語はわかっているから担当の方も連れてきたと思うんですけどねぇ。私達はあくまで「受付」で「審査」ではないはずですが。確かに説明はきちんと理解していただかないといけないと私も思っていますが。
接客業ですから上から見たような態度はマズイと
思います。そこの所がわかってない派遣社員が
呉服、催事のクレ面出身の人に多いと思います。
藤子さんは、そこいら辺はどう思われますか?
私が間違っていますか?
大安友引
大安友引さんへ

私も家電量販店でのクレジット面談のお仕事には数回行ったことがありますが、確かに呉服の催事とは違います。正直言って私には向いていないと思いました。

関西方面でも家電量販店でクレジット面談のお仕事をしている人たちは、
メインの人が数人いて、ほとんどその人たちで回しているようですよ。
ですから、催事の人たちが出しゃばるようなことはないと思うのですが…

私も家電量販店での仕事の基本は「接客」だと思います。
おっしゃるとおり、お客様から見れば店員さんと同じです。
それができない人には向いていませんよね!

「余計なこと」の判断はとても難しいと思います。
家電量販店では、さすがに”お茶出し”まではないと思いますが、例えば私が”お茶出し”をしたばっかりに、次からそれをするのが当たり前になってしまうというケースがあった場合、それはあまりよくないかなあ?と思ったりはします。例えそれが私の善意でしたことであっても…

でも、その店長さんのように大安友引さんのことをちゃんと見ていてくれて、
認めてくれている人がいるんですから、他の人がどう思おうが、気にしなくていいと思います!

私も呉服、催事の出身ですから何とも言えませんが、確かに超ベテランという人達は「イケズ」な人が多いです。これって京都特有かと思ってました。
人の性格なんてそんな簡単に変えることができませんからね、言っても無駄かもしれません…

そのベテランさんの接客態度があまりにひどいなら、店長から注意してもらうとかはできないんでしょうか?

私だったら、店長さんにお願いして、他の派遣スタッフも指名してもらうかもしれません…コーディネーターと仲が良かった時なんかは時々お願いしてました。だって気持ちよくお仕事したいですものねえ。

大安友引さんもきっと責任感のあるまじめな性格の方なんでしょうね!
これからもクレジット面談のお仕事頑張ってください!

また何かあったらコメントしてくださいね!
本音でぶちまけてくれて嬉しかったです。

これからもよろしくお願いします。
藤子
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。