人材派遣 単発バイト 体験談

人材派遣・時給の交渉

人材派遣の時給については、以前にも書きました。

人材派遣の時給は、派遣会社、派遣先、職種、職務経験、地域、登録の時期などによって左右されます。

時々、クレジット面談の単発バイトでお会いする人から会う度に言われたことがあります。「いいわねえ、あなたは時給が高いんでしょう?私なんか私より後に登録した人より時給が安いのよお…」

だったら、「派遣会社に交渉したら?」と言いたくなってしまいます。
それとも時給の高い派遣会社に登録し直したらどうでしょうか?

確かに、同じ仕事をしているのに時給が違うのは正直言ってあまり気持ちのいいものではありません。特に年齢や、職務経験にさほど違いがない場合はちょっと悔しいですよね。

私も最近はあまり時給の交渉はしていませんが、以前はよくしていました。
特に新しい派遣会社に登録する時は当然です。

「ウチは時給安いんですよ!」と言われながらも、普通の人よりは50円upとかしてもらったこともあります。

とにかく自分をアピールすることですね!何もしなければ派遣会社に言われるがままの時給になってしまいます。

それに、最初から時給が安いとわかっている派遣会社には登録しないことです。

ある時、毎年恒例の呉服の展示会で、ある信販会社が時給の安い派遣会社を使うことになりました。当然、小さな派遣会社なので登録スタッフの人数も少なくて、必死に人集めをしていました。

私にも声がかかりましたが、通常私がいただいている時給よりなんと300円以上も低かったので、登録はお断りしました。

毎年恒例なので、中には指名されるスタッフも数人いました。その人達はどうしたと思いますか?もちろん時給の交渉をしました。

この指名というのも時給upには欠かせない強い味方です。

信販会社はこれ以上は出せないと言い、結局、200円upで決着が着き、派遣会社がその時給の差額分を支払うことで落ち着いたようですが… もちろん他のスタッフからはブーイングの嵐です。

安い時給でも仕事をしたいスタッフの気持ちもわかります。
クレジット面談の単発バイトは不安定ですから、少しでもまとまった仕事をしたいのはやまやまでしょう…

でも、一度安い時給で使われたら、その次も安い時給で使われる!ということをわかっていません。

そう、彼女達は自分で自分の首を絞めているのです。

安い時給でも仕方がないと思うのは、50代を過ぎてからでしょうか…
それまではやっぱり妥協したくありませんよねえ。


時給の交渉


人気ブログランキングに参加しています。
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします! 
  ↓ ↓ ↓
banner_03.gif

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
「会社を使えば、何でもできる」 中島孝志
会社を使って自分を磨く。中島孝志著「会社を使えば、何でもできる」 の記事を書きま
ブログ名本から摂ろう!!人生のサプリメント

派遣社員の時給
今日はちょっとまじめな話を。 派遣社員の時給ってどうやって 決まっているのか。 派遣会社によっても、多少違うでしょうが 大抵はこんな感じだと思っていいでしょう。 もし、今日の記事..
ブログ名実録!負け組人生!?派遣会社の裏の裏!


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。