人材派遣 単発バイト 体験談

クレジット面談のきっかけはドタキャン

私がクレジット面談単発バイトをするようになったきっかけは、
ある人のドタキャンからでした。

私はそれまでデータ入力などの単発バイトをしていました。

ところがある日、いつもの営業さんから電話があり、どうしてもお願いしたい仕事があるとのこと…

その仕事は、すでに他の派遣スタッフが契約を交わし、事前の研修まで受けたのに、突然来なくなってしまったというのです。

派遣先の担当者はカンカンで、派遣会社の営業さんも困り果てていました。

私もあまり乗る気ではありませんでしたが、ほとんどなきつかれ状態で、仕方なく引き受けました。それが、クレジット面談という仕事だったのです。

一通りの説明を聞いて、その日から即仕事でした。
それまで、クレジット(ローン)で買い物なんてしたことないし、ローン用紙を見てもチンプンカンプンでした。

最初は信販会社の営業さんが一緒にいてくれましたが、すぐにいなくなってしまって、どんなにか心細かったことか…
夕方に別の営業さんがやって来るまで、ずーっと不安でした。

それが今や金利計算なんて簡単!です。
慣れって怖いですね!

正直言って、接客はあまり得意じゃないんです。
それなのに、それからずーっとクレジット面談の仕事をしてきました。

途中、販売の正社員になって働いたこともありますが、職歴としてはクレジット面談の方が長いでしょうか…

ある人のドタキャンからめぐり合ったクレジット面談の単発バイトですが、
終わりの時がくるなんて、誰が想像できたでしょうか?

クレジット面談の単発バイトでも、時々ドタキャンする人がいます。
でも、なぜそんな人にまた仕事を依頼するのか?派遣会社のコーディネーターも何を考えているのかわからない時があります。

でも、仕事のドタキャンは周囲にとても迷惑を掛けますから絶対にやめましょうね!


コメント、トラックバック大歓迎です!


ドタキャン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22751364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。