藤子のコラム

派遣会社にモテる人

派遣会社に登録してから、単発バイト(仕事)をたくさん紹介されたという人もいれば、あまり紹介されなかったという人もいます。

では、仕事をたくさん紹介された人とそうでない人は、どこで差が出るのでしょうか?

それは、紹介する側の派遣会社の立場で考えてみると分かるような気がしますよね。

例えば、いくらスキルがあっても、言葉遣いがよくない人とか、人の話を最後まで聞かない人など、コミュニケーション能力に問題がある人には、派遣会社側も仕事を紹介するのが不安になってしまいます。

また、面接の時に「何でもやります」という人は、一見前向きに見えて実は厄介なんだそうです。いったいどんな仕事を紹介したらいいのか、派遣会社側でも迷ってしまうようです。

やはり、具体的にやりたい仕事がある人に先に仕事が紹介されてしまうようです。とはいえ、やりたい仕事と実際のスキルとのギャップがあまり大きいと、仕事自体が見つかりませんから、これらの逆を考えれば、仕事を紹介されやすい人になるはずです。


では、派遣会社にモテる人とはいったいどんな人なのでしょうか?


●ヒューマンスキルに優れている人
明るく返事ができる人。
人の目を見て話せる人。
質問の意図を的確にとらえて答えられる人。

●社会常識のある人
敬語をきちんと使える人。
約束を守れる人。
ビジネスマナーを心得ている人。

●やりたいことがはっきりしている人
職種や仕事内容など具体的な希望がある人。
(実際にその仕事の経験がある人など)

●希望とスキルにギャップのない人
自分のスキルや経験を正しく認識できている人。
あまり無理な条件をつけていない人。


せっかく派遣会社に登録したのに、あまり仕事を紹介してもらえないと思っている人がいたら、是非一度、派遣会社の立場になって考えてみてください。

そして、今から派遣会社にモテる人になりましょう!


派遣会社にモテる人


人気ブログランキングに参加しています。
お役に立ちましたら応援よろしくお願いします! 
  ↓ ↓ ↓
banner_03.gif


人材派遣で単発バイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
ビジネスマナーマニュアル集 (1985年) |政経研究所
ビジネスマナーマニュアル集 (1985年)....
ブログ名副業在宅【公務員・サラリーマンの在宅副業ビジネス】


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。