藤子のコラム

スパイ募集中!?

スパイジェームズ・ボンドは実在するのか?

あなたもスパイになりませんか?

15日、イギリスBBCのラジオ番組に「MI6」の現役スパイさんが2人出演したそうです。もちろん身元は明かさず、音声も変えて…
さらに、これを放送したBBCテレビも、顔を隠して放映。

現役スパイさん2人によると、「MI6」のトップ長官は、初代のカミング長官の頭文字を取って「」と呼ばれ、ジェームズ・ボンドの上司「」やジェームズ・ボンドが持つ「殺しのライセンス」は架空だそうです。

ただ、ハイテクの秘密兵器の開発に携わる「」に相当する人物は実在しているとのこと… え〜?目が点になっちゃいます。

「MI6」は、海外での諜報活動を任務とする英対外情報部で、100年近い歴史を持ちながら、1994年までは組織の存在すら公には認められていなかった。

スパイ要員は、オックスフォード大学やケンブリッジ大学など、名門大学の出身者を中心に勧誘していたそうです。

現在は任務も変わり人材難も深刻化。昨年10月にはウェブサイトを開設、半年ほど前にはスパイ要員の一般公募に踏み切ったとのこと。


スパイなんて映画の世界だけかと思いきや、北朝鮮のスパイはずっと昔から日本人の拉致を繰り返してきたわけで… 

スパイ映画は好きでよく見ていました。
もちろん、007シリーズは全部見ました。

ずいぶん昔ですが、「スパイ大作戦!」なんていうテレビ映画がありましたよね!?古いなあ私って… ご存知ですか?
(実家にはまだ当時の映画雑誌が残っているはずです…)

スパイが映画の世界だけの話なら、格好良くておもしろくていいですけど… 
現実の話になるとちょっと怖いですね。

どうですか?
あなたはスパイになってみたいと思いますか?


コメント、トラックバック大歓迎です!


スパイ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。