人材派遣 単発バイト 体験談

扶養枠内@単発バイト

2006年もあともう1月を切りました。
クリスマス前後は、宝飾の展示会や絵画の展示会が多い時期ですね。

久しぶりに宝飾の展示会のクレジット面談の単発バイトの依頼がありました。
確か昨年は夏の展示会に行ったような…

京都では、きものの展示会に比べると、宝飾の展示会は少ないので…
だいたい決まった派遣のスタッフさんに声がかかります。
私は特に決まった人ではないのですが…

この時期はちょっと微妙なんです。
何がって?それは…

実際、仕事の予定は入っていないのに、仕事ができない人が多いのです。
特に、扶養枠内単発バイトをしている人にとっては微妙な時期なのです。

多くの派遣会社の給与の支払いは、月の前半に働いた分が月末に振り込まれます。この時期は、自分の今年一年間の所得を計算しながら単発バイトを受けなくてはいけません。

15日を過ぎてしまえは、給与の振込みは来年1月ですから、何も気にせずまた単発バイトで働けます。

リクルートスタッフィングの給与明細は、毎月の支払い額と、それまでの支払い額の累計が記載されているので、直ぐにそれまでの所得がわかるのですが、他の派遣会社の給与明細は、その月の支払い額だけなので、いちいち計算しなければいけません。

一旦扶養枠内の所得を超えてしまうと、どうなるか?と言うと…

●自分の所得に関して税金がかかります。
●新たに市町村民税がかかります。
●ご主人の所得に関しても税金が高くなります。
●ご主人の社会保険も利用できません。

ですから、その辺を考慮に入れて、扶養枠内で働くのか?扶養は関係なく単発バイトで働くのか?メリットデメリットを考えて働く必要があります。

私は、今年の前半は結構単発バイトが多かったので、稼いでしまいましたが、後半はゆっくりペースでした。それでもまだ扶養枠内です。

ですから今年は調度いいくらいの単発バイトの仕事量だったことになります。
私にとっては今回の単発バイトが、今年の仕事納めになるかもしれません…


扶養枠内単発バイト
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28989658
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。