人材派遣 単発バイト 体験談

確定申告@単発バイト

1月中旬を過ぎ、この時期になると、昨年確定申告をした人には、確定申告書の用紙が税務署から送られてきます。

それと同じ時期に、昨年単発バイトをした人材派遣会社で、年末調整をしていない場合は、その派遣会社からも源泉徴収票が送られてきます。場合によっては年末に源泉徴収票が送られてきたりもします。

確定申告が必要な人というのは…

1.給与の収入金額が2,000万円を超える人。
2.給与の支払いが1カ所で、給与所得、退職所得以外の所得金額が20万円を超える人。
3.給与を2カ所以上から受けていて、年末調整をしていない人。

※災害等で被害を受けた人や、10万円を超える医療費を負担した人、借入金等で住宅を取得した人、年の途中で退職した人などは、確定申告をすれば源泉徴収された税金が還付される場合があります。

※平成18年度分の所得税の確定申告期間は、
平成19年2月16日〜3月15日迄です。

※還付申告の人は、2月15日以前でも申告書を提出することができます。

今ではインターネットを利用して申告や納税ができます。
それが、「国税電子申告・納税システム「e-TAX」(イータックス)です。
また、申告書の作成は、国税庁のHP「確定申告書等作成コーナー」でできます。

実は昨年、私も「確定申告書等作成コーナー」で申告書の作成を試みたのですが、うまくできなくて結局税務所に出かけていきました。

一昨年(平成17年度)は、リクルートスタッフィングで年末調整をしてもらったので、昨年は確定申告書の用紙が送られてきませんでした。それで、それ以前の申告書を探し出して、それと同じように予め計算してから税務署に行きました。

でも、印鑑を持って行くのを忘れてしまって… え〜?また出直し?なんて思いながら、会場で同じ名字の人を捜してしまいました。居たことは居たんですが、印鑑は貸してもらえず… 近くの百均まで行って、シャチハタを買ってきました。

確定申告の申告書に押すのは認印なので、三文判でも何でもいいんですって!今年はちゃんと家で記入して、印鑑を押してから税務署に行きます。

もちろん申告書は郵送でも送れます。でも切手代は掛かりますよ。
以前は、申告書の控えを返送して欲しい人は、返信先の住所を記載して80円切手を貼った返信用封筒を同封すれば、控えを返送してくれましたが、今はどうかちょっとわかりません。

詳しくは、国税庁のHPをご覧下さい。
まだまだ先だと思っていると、あっという間に期間が過ぎてしまいますから、前もって今のうちから準備しておきましょうね!

確定申告
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32030486
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。