藤子のコラム

ランチメイト症候群(ランチタイム症候群)

ランチメイト症候群(ランチタイム症候群)ってご存知ですか?

最近、職場などで一緒にお昼ごはんを食べる相手がいないことを過度なストレスと感じる人が増えているらしい、という記事を読みました。

ドラマ『ハケンの品格』でも、加藤あいが、ひとりでランチできないあまりに、派手目な女性派遣スタッフのグループに入って2,000円もするランチを食べに行ったり、板谷由夏が一緒にランチを食べてもらうために、後輩の男子社員におごってあげたり…

このランチメイト症候群(ランチタイム症候群)、ひどくなると一人で食事をする姿を同僚に見られたくないあまり、トイレなどで隠れて食べたり、それが原因で仕事を辞める人さえいるんだそうです… 知りませんでした。

私のように一人で単発バイト先に派遣されるような場合は、
そんなことでストレスを感じているようでは仕事になりません。

大きな展示会などでは、みんなが一斉にお弁当を食べます。まさに戦争ですよ!空いてる席を見つけたらさっさと食べて仕事に戻るのが精一杯。

たとえ、クレジット面談のスタッフが数名いても、まず一緒には食べにいけません。必ず交代で食べにいかなければいけません。一人で食べるのが嫌な人でも有無を言わさずです…

私もランチタイムに一人で外食するのは苦手です。
でも、自分の席で一人でお弁当を食べたり、近くの公園に行って一人でお弁当を食べたりするのは平気です。

私の場合は、どちらかと言うとみんなと一緒に食べるよりも、一人でランチを食べる方が好きですね!あんまりおしゃべりな方ではないので… もちろん気の合う人となら一緒でもOKです。

それにランチタイムは立派な休憩時間なんですから、それこそそんな時間まで会社の人と一緒にいなきゃいけないという方が私にとってはストレスを感じてしまいます。

まさに『ハケンの品格』の篠原涼子と一緒?かもしれません。

仕事というのは、それだけでストレスを感じてしまうものなのに、職場で仕事以外にもストレスを感じてしまうなんて… もったいないと思いませんか?

あなたは職場でのランチタイム、どうしてますか?

ランチメイト症候群(ランチタイム症候群)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。