藤子のコラム

2007年度の確定申告

2007年度の確定申告は3月17日(月)までです。

私もようやく重い腰を上げて2007年の確定申告の書類を提出してきました。ほとんど収入はなかったのに、一社だけ源泉徴収された分があったので、このまま取られっ放しでは悔しいので行ってきました。

それと私の場合、株式等に係る譲渡損失を今年度へ繰り越すための申告も必要だったので、どっちみち行かなければいけなかったんですよね!昨年は株取引がなかったので、一昨年の分をそのままそっくり今年に繰り越しです。

実は、親戚に税務署に勤めている人がいるので、ちょっとわからないことがあるとよく相談しています。実際、以前に確定申告の期間内に申告できなかった時があるのですが、年数をさかのぼって申告できるということを聞いて、手続きしたことがあります。

昨年の場合、源泉されたのは高々数千円でしが、それをまた稼ぐことを考えれば、確定申告をして返金してもらった方が得です。というより元々源泉徴収されるべきではなかったお金ですから、返金して当然なんです。

でも、いちいち確定申告をしないと返金してもらえないというのは、理にかなっているのかなあ?なんて思ってしますよね。

公的機関に提出する書類というのは確定申告の書類に限らず本当に書くのが面倒です。説明書を読んでもちんぷんかんぷんです。

今年は書類と一緒にe-Taxを勧めるチラシが入っていました。
e-Taxの場合、昨年までは源泉徴収票などの添付書類は持参か送付しなければいけなかったのですが、平成19年分からは一定の書類の添付が省略できるようになりました。

e-Taxを利用すれば、国税庁のホームページで作成した申告書のデータをそのまま税務署に送信することができます。それには、まず利用開始手続きが必要です。

私も来年はちょっとe-Taxに挑戦してみようかなあと思っています。
詳しくはe-Taxのホームページへ!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。